規約

慶應義塾大学囲碁部ロゴマーク慶應義塾大学囲碁部ロゴマーク

囲碁部規約(2016年度現在)

 

第一章 総則
(会の名称)
第1条 本会は、囲碁部と称する。
(会の目的)
第2条 本会は、常に棋力の向上に努めるとともに、会員および OB・OG、他大学囲碁部等との親睦を図り、囲碁の普及に努めることを目的とする。

第二章 組織編成
(会員)
第3条 本会は、囲碁部の会員をもって組織する。
(会員の身分)
第4条 本会は、慶應義塾大学学部生を正会員とする。
(会員の資格保有要件と資格失効要件)
第5条 1入会の意思を表明し、部費を納めた者は、本会正会員の資格を有する。

また、正会員は前期総会までに部費を納入することとする。ただし、新入生は後期総会までに初 年度の部費を納入することとする。 2退会は本人の意思があった場合、代表・主務・日吉代表の合議の上で認める。また、 著しく部の秩序を乱し、品位を害するおそれのある者は、代表・主務・日吉代表の合 議の上で、退会させることができる。

(会長の身分)

第6条 会長は 1 名とし、慶應義塾大学の教授、准教授、またはこれに準ずる専任の大学教員 がその任に当たるものとする。

(幹部の種類)

第7条 幹部として、代表、主務、日吉代表、会計、会計監査を置き、その他必要と認める役 職を設ける。

(幹部の選出要件と任期)

第8条 1幹部の選出は後期の総会で行う。 2代表・主務・日吉代表・会計は、立候補により、正会員の過半数の承認をもって選 出される。会計を務めた者は、原則として、翌年度の会計監査となる。 3後期総会から翌年度後期総会までの約一年間を任期とし、再任は可能とする。

第三章 総会
(総会)
第9条 定期総会として、前期・後期に各一回、年 2 回の総会を開催し、部の運営方針を決定

する。その他、必要と認めるときは、臨時総会を行う。総会・臨時総会は正会員の 3 分の 2 以上の出席・委任をもって開催されるものとする。委任は総会前 1 か月間に日 吉代表に連絡することで成り立つ。なお、前期総会以前に臨時総会が行われた場合には、昨年度の正会員かつ在校生を会員と見なす。

第10条 総会の議長は代表が務め、主務・日吉代表はこれを補佐する。総会の議決事項は、出

席者の過半数の承諾を得て可決され、臨時総会の議決事項は、出席者の 3 分の 2 以上 の承諾を得て可決される。

(議案)

第11条 幹部の選出、部内リーグの運営方針を決定する他、必要と認められる議案について話 し合うものとし、議案については会員による提案も可能とする。

第四章 危機管理体制
(緊急時の連絡体制)
第12条 活動中に事故等が発生した場合には、会員は必要な対処をし、会長・代表・日吉代表に至急連絡をすると同時に、慶應義塾大学にも報告する。

(保険の加入)

第13条 会員は怪我等不測の事態に備え、各自保険に加入することを勧める。 (緊急時の対処法)
第14条 活動日責任者は活動場所から近い病院等を把握し、怪我等不測の事態に対処できるようにしておくものとする。

(流行性疾患への対処)

第15条 1麻疹等流行性疾患の感染が確認された場合には、大学の指示に従うものとする。 (損害金について)
第16条 1活動中の事故等により、周囲に損害を発生させた場合には、部費で一時的に立て替えるものとする。 2前項の立替金に関しては、当該損害の発生に関わった者の故意によるものである場 合には、全額本人負担とする。それ以外の場合にも基本的に損害発生者の全額負担と するが、本人負担の上限金額は5万円とし、これを超える場合は、幹部と当事者によ る話し合いの場を設けることとする。 3合宿での送迎等、公務の際の損害については、全額部費から負担するものとする。 4損害発生者が明らかでない場合、部費からの出費とする。

第五章 その他 (機関紙)

第17条

(練習)

第18条

(大会)

第19条

1原則年 2 回発行する。増刊号等についての発行は、発行人・編集人の意思に委ねる。 2発行人・編集人は総会により選出され、選出については第 10 条の定めに準ずる。

週 2 回、三田・日吉・矢上・湘南藤沢・信濃町・共立キャンパス合同練習会を行う。

関東学生団体戦に春・秋の 2 回出場するものとする。また、他の学生棋戦にも出場す る。

 

第六章 規約の改正
第20条 本規約は、必要と認められるときに改正することができる。代表等は草案を作成し、

総会において、出席者の 3 分の 2 以上の承認を得て、改正される。

附記

 

2006年5月2日 制定
2009年12月19日 改正 全面改編
2010年4月20日 第16条改正
2012年8月4日 全面改正