第59回全日本学生囲碁選手権 結果報告

12月23日から26日にかけて、日本棋院にて第59回全日本学生囲碁選手権が行われました。

慶應は関東予選で宿敵早稲田を倒し8年ぶりの全国出場となったため、決勝戦は多くの現役・OBOGが日本棋院に駆けつけました。

メンバーと結果は以下のとおりです。

慶應義塾 初日2日目2日目3日目3日目最終日最終日 
九州北海道金沢東北中京岡山立命館勝数
主将堀井勇佑(商3)4
副将水沼龍吾(経4)5
三将稲垣聡(法2)
6
四将馬鳥光生(商1)4
五将藤野雅也(法3)5
補欠1村川啓(理1)
4
補欠2宮川一起(文2)
1

最終戦で惜しくも立命館に敗れ、準優勝。日本一の夢は来年へと引き継がれました。

全日本 打ち上げ集合写真

レギュラーの皆様、お疲れ様でした。来年も打倒早稲田!! そして来年こそ全国制覇!! 滾れ若き血!!

 

 

 

最後にあまり重要なことではないお知らせですが、本記事を持ちまして慶應義塾大学囲碁部ホームページ係を仲川暁実(環1)に引き継ぎます。

突然ホームページが移転したり、更新がなかなか滞ったりしてしまいましたが見てくださりありがとうございました。

環境情報学部2年 及川泰司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です